スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アマミヒラタ 割り出し

えーと・・・割り出し中の画像がありません

メモリーに記録するの忘れました><



本題入りマス。



今回の産卵セットは「コバエシャッター」中ケース、クワガタ用マットを底3cm程固詰め。

その上にナラ材Mサイズを加水した後樹皮を剥ぎ立てて2本並べました。

それと、ショップからオマケで頂いたカワラ材も試しに使ってみました。



材を立てたのは何かワケがあるのではなく、単純に材3本が横だと入らなかったからですw



材の加水方法ですが、私は水を5cmほど張ったケースに材を縦に置いて材断面の色が変わるまで放置しておきます。

色が変わるのは、毛細管現象で材がいい感じに加水されていくからです。

このやりかただと(ヒラタ系には)加水後の陰干しが必要なくなります^^



話がそれましたが、材を埋めるのにはクワガタ用マットを普通に詰めて完成です!

マットはいつもの恵栽園さんのクワガタ用マットです。



♀を投入して一ヶ月、♀を取り出して一ヶ月寝かしておきました。



結果



ナラ材Aから幼虫が5頭、Bから6頭、マットから4頭、カワラ材は0でした。

ヒラタにはカワラは必要ないですねー^^;

今シーズンはオオクワに使ってみようw



去年秋に割り出した本土ヒラタはほぼマット産みだったのですが、今回のアマミヒラタはケース側面、底面から卵確認できなかった事を考えると、材産みだったのかもしれません。



で、割り出した幼虫は・・・6頭はマット100%ビンに。

5頭はヒマラヤヒラタケ100%ビンに。

4頭はマットと菌糸50:50ビンに投入しました。

あ、ビンの画像なら用意できそうですね・・・・



↑50:50ビンです



どんな違いが出てくるのか、楽しみです♪

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sin

Author:sin
いらっしゃいませ^^
このブログは私が試行錯誤しながらクワガタを育てている様を
皆様に公開する場所ですw

初心者の方には参考になれば・・・
玄人の方には助言が頂けたら・・・
そんな思いを込めて更新していきます^^

最近のコメント
データ取得中...
FC2ブログランキング
ランキング参加中!

FC2Blog Ranking

クリック御願いします!
ランキング
メールフォーム
sinにメールを送ってみる

名前:
メール:
件名:
本文:

ここだけJ.LEAGUE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。